絶望の中でも光を探し求めて今を生きる

生き様

華乃音 HananoNe
〜全てを抱きしめて生きる〜
性被害、虐待、DV被害に遭った私たちのデジタル写真集の撮影が始まりました。


23歳で結婚して東京に移住した。家族や友達が近くにいない環境で、家ではDVを受けて外に出れば奥様たちに虐められた。結婚するときに提示した条件は「結婚しても仕事をしたい」だった。実際に結婚してみると、仕事をすることはもちろん、実家や祖母の家に泊まりに行くことも禁じられた。


「お前は水商売以外は何も出来ない人間だ。」毎日罵倒され、叩かれて追い詰められていった。
お酒を飲んでいないときと、家以外の場所にいるときは私が知っている大好きだった旦那さんで、どうにかならないものかと何度も話し合い解決策を模索した。


2年間、誰にも言わずに一人で向き合ったけど、もう無理なんだって気づいたから離婚するために動き出したの。全ての段取りが整って、「離婚することにしました。」と、人に話す度に考え直すように促された。「一人で生きていくのは大変なんだよ。お金持ちの旦那さんと結婚できたのにワガママだね。」って言われたこともあるよ。
そうだね。そうかもしれないよね。
だけど、自分の人生を取り戻さないと、私は私を失ってしまう。


彼のことを憎らしいだとか、不幸になってほしいだとか、そういうことは今日まで一度も思ったことがない。私なりの最後の愛の証明は起訴しないこと、慰謝料や財産分与を一切請求しないことでした。
私は今、周りの人たちに恵まれてとても幸せです。彼もきっと幸せであってほしいと願っています。

橘 しおり

7,936 views

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。