お盆休みと夜引退について

お盆休みが終わり、銀座は本日から通常営業です。

銀座は夜の世界の中でも特殊な街で、サラリーマンと同じようにお休みがあります。

土日休み、GWやお盆、年末年始はしっかりお休みがあるのでスケジュールが立てやすい。

他の街と客層が違うのと、個人的に遊びに来るのではなく接待での利用が多いのも特徴ですね。

すすきので働いていた時は年中無休で年末年始も1、2日店休があるくらいでしたから自分が休みの日にお客様が来るのではという気持ちになることがないので心底ゆっくりと過ごせました。

 

9連休という長いお盆休みは初めてだったので何をしようかなぁと思っていたのですが、祖母の家に行ってお墓参りをして千葉でサーフィンをしていたらあっという間に終わりました。

同じお店の女性たちは海外旅行に行っている人も多かったです。

私は海外旅行に行きたい欲がめっきりなくなってしまい今年はどこにも行かないような気がしています。

さてさて、

銀座でホステスとして働き出して4ヶ月が経ちました。

当初、2年と決めて夜の仕事に戻ろうと思っていたのですが少し早まりそうです。

すすきの時代に後ろ髪を引かれる思いで引退した夜の世界。

22歳の頃、銀座で働こうと思っていたこともあり

27歳という今夜の世界に戻らなければもう難しいかもしれないと感じて再びこの世界に飛び込みました。

 

お店に慣れてきて出勤することが毎日楽しみではあるのですが、8月に入ってから違和感を覚えるようになりました。

ママになりたいわけでもなく、自分の店を持ちたいわけでもなく。

私はこの街にこれ以上何を求めているんだろう?

この先の未来をどう生きていきたいのか?

自問自答する日々が続きました。

 

理想の休日の過ごし方と言えば、

大切な人と一緒に暮らして、同じベッドで寝て朝起きたら「可愛いね」ってキスしてくれてダル着で近所でランチして、家で映画を見ながらごろごろして気づいたらソファで寝ちゃってて夜はスーパーで買い物をして一緒に料理して食べるようなそんなありふれた日常を生きたいんですよね。

 

あれれ?

それって銀座でホステスをする必要あるのかな?

というかもしかして同棲や結婚したいのね??

 

と、掘り下げていくと今の生活を続けることはどうなんだろうと思うようになってきたのです。

来年3月までと最初は思っていたのですが、逆算して考えたら1月までになりそうな気がします。

まだはっきりしたことは言えないですが現状はそんな感じです。

結構普通の女なんだなぁとしみじみ。

 

普通の幸せを手に入れるために行動していきます。

橘 しおり

4,696 views

投資家、YouTuber、司会、コンサルタント 北海道出身

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。